2017-06-13

カレーなる日々



次回のブログ記事は”縫い子さんとアートプロジェクト”の続きの予定でしたが、先週末から今にかけて何やらバタバタとしてしまい、まだ下書きのまま......。ごめんなさい!でも焦って書くのは避けたいので、まずは少しお久しぶりなカレーの記事を今日は書かせてください!

最近、何度かカレーを作りました。
その度に付け合わせを考えたり、ごはんの種類を変えてみたり。
このチェンマイで日本のカレーを作るときのごはんは、ちょっと変わった種類のお米を日本米やジャスミン米に混ぜて食べるのもなかなか美味しいです。


赤米を白米と3:7の割合で炊いたごはん。ピンク色のごはんにほんのり香ばしい薫りが漂って、なかなか楽しめます。以前は「冷えたカレーはどうなんだろう?」と思っていたので実行しなかったのですが、最近夫のお弁当にカレーを入れてみました。

お弁当に詰めて、常温になったごはんとカレーの場合、赤米を混ぜて炊いたごはんのほうがカレーと美味しく食べられるよう気がします。



こちらの写真は白米と玄米を半々にして炊いたもの。こちらも香ばしさが残って美味しいです。

お弁当にした場合の付け合わせは、
○ゆで卵
○はす(レンコン)のきんぴら
○スナップえんどうのピーナッツとマスタード醤油の和え物
○ハーブの葉っぱ (1枚目はバイヴァーボック、2枚目はタイバジル)

お口直しになかなか良いバランスの様子。

カレーをお弁当に入れる時には、ステンレス製の2つに分けられるお弁当箱が活躍します。 
カレーとごはんが一緒にならないので、ご飯粒にカレーが染み込んでしまうのが防げます。
そして、ステンレス製なので、匂いも色移りも気になりません。:) 洗うのも簡単です。

アツアツのごはんとカレーをステンレスのお弁当箱に入れて 、まだ熱いうちに蓋をして、保温バッグに入れて夫に持たせます。
お弁当を詰めてから約5〜6時間後に食べるのに、アツアツではないものの、油分が固まっていない、普通のカレーが食べられるようです。(冷たいカレーはおいしくないですからね:) )


最新で作ったカレーの具には、

  • ウリ
  • 鶏ひき肉
  • 茄子
  • トマト
  • しめじ
など、ちょっと夏をイメージしたカレーを作りました。ウリとか大根と冬瓜か、一瞬、カレーの具としては合わなそうなお野菜(私のイメージの中で)ですが、やってみるとこれが結構おいしいんです。食感がおもしろいし、まろやかな仕上がりになるんですよ。

付け合わせには、以前書きました”カレーの合う付け合わせに”のスナップえんどうのピーナッツとマスタード醤油和え。これはもうクセになっています。我が家では、ほぼ毎日のように作って食べております。

そして、ミャンマーの、発酵したお茶の葉サラダ”ラペットゥ”です。
このラペットゥは酸味がなく、辛さがいろいろあるなかで選べます。私は、あまり辛くない、ちょっと甘いじょっぱくまろやかな仕上げが好きです。何でも好きな野菜を刻んで混ぜればいい、簡単なサラダ。私のお気に入りは、蒸したキャベツと、生のトマトを刻んだものを混ぜるものです。
これもなかなか日本のカレーに合うということがわかりました。
甘さを強調すれば、福神漬けのような付け合わせの存在になりえるかも!と自分の中で大発見のように嬉しくなっちゃいました。


 そして今日は、他の”カレー”をご紹介。

チェンマイには、ちらほらと”カリーパフ”を売るお店を見かけます。
カリーパフは結構いろんな国で食べられるものだと思いますが、チェンマイのカリーパフは、層ができた表面で貝のように見える、パイ生地のようなサクっとしたものです。

あまりにさくっとしているので、かじるとぽろぽろ〜っと層がはがれ落ちてしまうんですが、その本当に軽いサクッと感が美味しいんですよ。
中身は大概カレーの味付けをしたお芋のつぶしたのに少しチキンが入っています。
大きさは長い所が7〜8cmなので、ぺろっと食べられちゃう。

お店によっては、カリーパフと一緒に甘い系のパフも一緒に売られていることがあります。

皆それぞれお気に入りのカリーパフ屋さんがあるようで(笑)

「○○のが一番美味しい!」と話しているのを耳にします。

私がお気に入りのカリーパフは、地元で人気の大衆タイ料理屋さん”ルアンマイタイヤイ”の中にあるベーカリー(焼き菓子とタイの伝統菓子)に売っているカリーパフ。
朝早くは売っていなくて、お昼にホカホカの揚げたてのパフが、口を閉じない袋に入って並べられます。
 ここのカリーパフは他のお店のより生地が油っぽくなく、中身もしっかりカレー味の具が詰まっています。お野菜も一緒に♪
文句なくおいしです。


 あぁ、カレーってどうしたって美味しい♥

今日も読んでくださってありがとうございます。







0 件のコメント:

コメントを投稿