2018-08-22

学びの機会


この頃、縫い子さんのお家で私自身も作業をする機会が増えました。そのたびに持参する携帯お裁縫セット。やっぱり自分が使い慣れている道具がよいです。

お裁縫箱はリサイクルショップで発見した日本の昔の子供用お弁当箱♪こんなにしっかりした留め具がついているお弁当箱がこの時代にももうすでにあったんですねー。驚き!

さて、先日のこと。
やっとやっと、パターン作りを学びたいと希望していたノンチヤウに、私がパターンの先生からもらったプリント物を集めて作ったパターンブックを進呈しました。それは先日ノンチヤウが、私の作った服のパターンを使って自分も服を売りたいと言い出したからです。

役に立つといいなともちろん思いながらやっていることですが、それが本当に彼女にとってそれが本当に役に立つのかはわかりません。

というのも、

実際’、ノンチヤウにパターンブックを渡してみると、、、

「ふーん。でも私には理解できない。」

の一言。

「今まで縫ってきた人なんだから、少し自力で勉強したらすぐにわかるようになるよ。全部タイ語で説明してあるから読めるでしょう。パターンの基本学びたいけど習いに行く時間がないだよね?だったらこれを使って学んでみるのはどうかな。わからないところはインターネットでも調べられるし。」と私。


結局ノンチヤウのもとにそのパターンブックはとどまることになりましたが、きっと今は役立たないだろうな (笑)
こうなるだろうなとも予測はしていました。
私もこの時初めて知ったのですが、ノンチヤウ、義務教育レベルの教育を受けていないので掛け算、割り算、分数計算がわからないのです。そうなるとやっぱり今の時点では基礎からのパターンおこしは難しいかな。

ただ、やっぱりね。どんな状況にいて何歳になっても’学びたい’という情熱があればどうにかして学べると思うんです。どこまで情熱があるのか、どれだけそれを望むのか。

と、本人にも言ってみたところ、

「本気でやりたいと思っているよ!でもヨーコは日本人だからそうやって簡単になんでもできるんだよ。私はここに書いてある計算の意味もわからない。ただヨーコはタイ語が読めないからもうこの本はいらないんだよね。じゃぁ、この本はもらっておいてあげる。。。。」

”でも” + なに人だから。もう歳だから。女だから。子供がいるから。学がないから。お金がないから。時間がないから。。。

なに人でも、どんな状況でも、できない理由をあげて行動に起こさないのは同じです。
そのあげられる理由も同じ。

平等だなと思います。
バックグラウンドや今現在の状況は違っても、これから”選ぶ”ことは平等に与えられたことです。
簡単じゃないことが多々あるけれど、それでも選べます。その選んだ先の自分がどうなっていてほしいか。見えたらいいな。
どんなに難しくても、毎日の小さい’楽しいことをちりばめながら。


去年から始めたパターンお越しのこと。私がおもいついた限りのできることはすべてやりました。
ノンチヤウにはどこまで影響が出るのかわかりませんが、

このおかげで私自身が、以前は苦手だった縫製が数段できるようになり、パターンも基礎ならできるようになりました。布のことも縫製のことも、数年前よりわかってきました。




もっと勉強したいわー。何歳になってもわからないことがどんどんでてきます。
そこでもっと知りたいと思っちゃう。
だからおもしろいんだろうな。

タイに来てから特に、教育の重要さ、そして自身は当たり前のように教育を受けられた環境にいられたことに感謝です。本当は当り前のことじゃないんでしょうね。ありがたいことです。

いつも学ばせてくれてありがとう。



来週からしばらくお休みをとります!なにか楽しいことやろー!

皆様も’まだまだ暑さが厳しいかともいます。どうぞご自愛ください。









2018-07-12

股上が浅くなるとサルエルは。。。





 先日のこと。朝早くにノンチヤウから、オーダーしていたサルエルパンツと割烹着のサンプルがあがるから、急ぐなら早めにとりにおいでと電話がありました。

ノンチヤウに作ってもらうのは久しぶりのこと。7か月ぶりほどです。

とっても楽しみにして村にいってみたら。。

久しぶりだからかな?しっかり洗礼を再び受けることになりました。。


まず、11時につくように行くからねーと言っておいたのに、ノンチヤウが家にいない!?あらー!(笑)

たまたま隣に住んでいいるお母さんが家にいたので、そのお家で待たせてもらうことになりました。なかなか帰ってこないノンチヤウに、隣のお母さんのほうがやきもき。

私はもうあきらめて、ノンチヤウの庭の畑でガパオを積み始めちゃいました。もちろん、私がお家で食べるための。隣のお母さんは、もっと大きな袋をあげるから、もっとたくさん持って帰りなさい!笑 と。ノンチヤウの畑なのに。。。


そして1時間後、やっと帰ってきたノンチヤウ!

「もう!!!!待ったよーーーー!」とちょっとふてくされて言うと、

笑いながら、ごめんごめーーーーーん!って 笑

お茶買ってきたからゆるしてよー、、、とくれたのはピンクの\お茶?!

「ヨーコ、このピンクのが好きっていってたよねー」と笑顔で言うノンチヤウですが、


「いや、そんなこと言った覚えはないし、好きじゃないー!!!誰と勘違いしてるの!?笑」

それでもノンチヤウはなぜか私がこのピンクの飲み物が好きと思い込んでいて、
とりあえず一口飲んでみたら、やっぱり科学的なイチゴフレーバーの甘いミルクドリンク!


ノンチヤウが自分用に買ってきたオレンジ色のアイスティーと交換してもらいました。


で、オーダーしていた服はというと、、

なんと!割烹着のサンプル1着とサルエルパンツが途中まで作られているだけではないですか!


どうした、ノンチヤウ!?

私がもう少し待ってくれたら残りすべてを仕上げるからーと、大急ぎでミシン仕事に取り掛かっていました。

あぁ、いいのよー。。。
こんなの想定内です。ここにきたら1日仕事くらいに思っておかないと。

と、しばらくして1枚仕上がったサルエルパンツを手渡したノンチヤウ。
そして、

「そういえば言い忘れてたけど、このパンツの股上部分、短くしておいたけどいいよね?」





えええぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!




なんでー、だめよだめよ。ちゃんと腰部分の布も切って渡しておいたでしょ。

「だって、ゴム入れるのにこのベルト部分の布は小さすぎるし。これでも履けるかどうか、ヨーコ試しに今はいてみてよ。」と、ノンチヤウ引き下がりません。


とにかく、私がこの”サルエル”というパンツをはいて見せましたよ。
股上が浅くても、もちろんけるんですけどね。


でも、サルエルパンツの股上が普通のパンツの股上の長さになると、、
デザイン的に間違いなんです。
歩きづらいことこの上ない!!! 歩けない。。。




ノンチヤウに言うと、じゃぁわかったよ。やり直すよ。と。


うーん。



腰部分の布も、どうやって縫い合わせるデザインなのか説明しようとしたら聞いてくれなかったノンチヤウ。自分は縫い子だから見ればわかる、自分でできるから説明しなくていい、と言ったノンチヤウ。

私ももう一度縫い直すパンツのお手伝い。そしてそれをしながらノンチヤウとはなしました。


ノンチヤウは、半年ぶりに戻ってきて、再び縫いの仕事にもどり、自分がちゃんと縫うことを覚えているかちょっと心配だったみたい。バイクの運転もそう。

ノンチヤウは技はあるんだから、今回は私にまず確認してからやるってこと、私の説明をちゃんと聞くということを忘れちゃったんだよねー、と言うと、
(※私の持ち込むデザインは、他のタイやモンの人がノンチヤウに持ち込む大量生産の服とは全く違うタイプのデザインだから、説明をしないと難しいのです)

そうそう。と照れ笑い。




この間の姫路のイベントで初お目見えした私たちのサルエルパンツ。
今回からノンチヤウが縫ってくれることになり、再び”総折り伏せ縫”いでの縫製が可能になりました。

ノンチヤウが、しっかり仕上げてくれたこのサルエルパンツ。出来上がりは上々です♪
この間と同じ藍染のダブルガーゼの生地(写真2枚目)に加えて、生成りの表がガーゼ・裏地が起毛というこれまた心地よい生地でも作ってみました。(写真1枚目)。



(こちらの写真のパンツは紺色のガーゼ生地)


サイズはフリーサイズですが、背が高めの方も、標準的な方でも、気持ちよくはいていただけるデザインです。(男女兼用)
お部屋でゴロゴロするのにも気持ちいパンツ。
そのままふらっと外へ出ちゃっても格好いいパンツ。

”サルエルパンツ”というと、
若者のがはく奇抜なデザインのパンツ。。。!?というイメージがあるようですが、
私たちのサルエルパンツは、履いてみるとお腹回りを締め付けずゆるりと心地よいのに、奇抜さはあまりなく、格好良くスッキリと見えるのが特徴です。

30代で40代、50代の方でも違和感なくはいていただけると思います。

(お腹まわりが気になり始めた方には特におすすめ!)

ひとつご注意いただきたいことは、生地が肌触りの良いガーゼ生地ですので、お洗濯の際にほかのお洋服とこすれて毛玉ができやすくなってしまいますので、
毎回洗濯ネットにいれてお洗濯をしていただきたいです。


そして、こちらは今、新しく作っています割烹着♪



こちらも、ちょっとこのままお出かけしてもワンピースドレスのように見える割烹着です。

下にもちろんお洋服を着て着用していただくので、余裕をもって着ていただけるよう、立体的に仕上げています。


後ろは首元にボタンとその下に紐があるので、その紐を普通に後ろで結んでもらってもよし、前に持ってきてさらにワンピースのように着ていただいてもよし!です。
ホテルの厨房でお料理をしつつお客様をおもてなしする女性のアイデアで、身体の側面部分にポケットをつけてみました。こうすることによって、メモ用紙や携帯電話、突然のお買い物用にちょっとした小銭入れなどを入れておいて便利なようです。エプロンや割烹着の多くには前にポケットがついている場合が多く、それがお料理の際にお邪魔になることがあるそうです。

お料理好きで、お客様におもてなしする機会が多い方におすすめです。


さて、久しぶりのノンチヤウへのオーダーで、予想外の”確認なしにデザインを勝手に変えられてしまう”洗礼を再び受けましたが、きっと次回からはまた大丈夫でしょう(そう願っています)。

※このデザインを勝手に変えられてしまう件は、縫い子さん達が私のために”良かれと思って”、
(私のデザインはシンプルなのでつまらない⇒売れない と思うらしく・笑)以前時々起こっていたことなのですが、悪気はまったくありません。私はその文化的な考え方と表現の仕方の違いからはじまり、お仕事のやり取りを一緒に学ばせてもらっています。

この日は結局、私の目の前で彼女が服を仕上げることでやり直しの服を増やさずに済んだので結果オーライ!きっとそのために私はこんなに待たされたんでしょう。
物事何でも意味があるのねー笑 良かった、良かった。
サルエルパンツの股上が浅くなると歩けない、ということも身をもって学ぶことができたし!笑

彼女も私を長く待たせたくない(期間的に)ので、次の大量生産の服のオーダーに取り組む前に、私のを優先して終わらせておきたかったんだそうです。その気持ち、ありがとう。

今回、ノンチヤウに 村でも街でもモン族の女性で、お客さんからオーダーを自分で受け付けて、デザインから縫製まで全部一人でできるデーラーさん的縫い子さんはいないの?ときいてみました。

すると、そんな人はモン族にはいないと。

民族の性格的結果でしょうか。
ちょっと興味があります。


こんなやりとりのあと、ご飯を食べる暇もなく、カンカン照りの中バイクを走らせ、へろっへろになって村から帰ってきた私は、
出来上がった服も上出来で(さすがノンチヤウ!)ほっとし、
夜とてもぐっすりと眠ることができました。

これはこれで、気持ちいいぜー。


最近読み始めた本。
どうやったら異民族同士のやり取りをもっとスムーズに行うことができるようになるんだろう。

年をとればとるほど、

学びたいことは盛りだくさんです♪


















2018-06-25

帰ってきた!


毎日雨が降る雨季にどっぷりと入ったチェンマイです。
雨が降っているとき、降った後は気温がぐんと下がるので快適この上ないです、、がやっぱりバイク移動が常の私にとっては、行動するのにはタイミングを計りながらの生活になるので、少し不便な感じがします。

先週のこと。縫子さんの一人ミーちゃんにご挨拶とお土産を届けに会いに行ってきました。相変わらずミーちゃんは大量にこなさなければいけない仕事をし「泣きそう。。。」とぼやいていましたが、それは彼女が選んでやっていることなのでしかたがない。でも、元気そうでよかった。
日本で展示のために借りてきた、もう一人の縫子さんノンチヤウ(韓国に働きに行ってしまった)のスカートを返しにいくのと、そのスカートを保管するための仕付け糸の通しをミーちゃんのお母さんにお願いしてきました。
着物と同じ。
大切なもの衣類を長い間保管するにはちゃんとお手入れをするのです。

ノンチヤウのその後についての記事 1 


その時ミーちゃんに「ノンチヤウの状況知ってる?」と聞かれましたが、私はノンチヤウがタイで使用していた携帯電話をなくしてから連絡が取れていないので全く知らないとだけ言いました。

丁度その晩、私の旦那さんがタイのニュースを読み上げてくれました。

「近年、韓国に違法で大勢のタイ人女性が入国(それを斡旋する闇業者あり)、そして彼女らが闇で働いている問題がだいぶ大きくなっており、韓国の入国管理局が違法で働くタイ人女性たちの一斉捜査に入る動きを見せた」

というような内容でした。


そして翌日の昼間のことです。
ミーちゃんから電話がありました。
昨晩、突然ノンチヤウが戻ってきたそうです!!!

ミーちゃんは私がきっとすごく会いたがっているだろうとすぐに連絡をしてくれたのです。

もうびっくりです!みんなびっくりですよ!


そして先日、私もノンチヤウに会いに行ってきました。
なぜ突然帰ってきたのか、向こうではいったいどんな生活をしていたのか。。


彼女の話す内容は、、、
ひどいものでした。


誰もが知っている韓国の某携帯電話会社の内部部品組み立て工場で働いていたノンチヤウ。

朝6時から夕方6時まで、ほぼ休憩なしで仕事。途中、水も飲めず、トイレにもなかなか行けず、彼女は身体を壊しました。
仕事を早く、間違いなくにする人だけが必要で、遅い人、うまくできない人はいらないと言われるので、必死で働いた、と。

そして、今から2か月前にさかのぼり、給料も支払われなくなり、違法で働いていたので病院にも行けず、自力でタイにそのまま逃げかえってきたそうです。

もちろん、支払われなっか給料に関しては泣き寝入りです。

それが違法で働いてしまったということ。本人も今はよくわかっています。

働き始めの4か月は給料を支払われましたが、本当に会社から支払われえる金額はひと月10万バーツ(約33万円)、しかし闇の仲介業者がそのうち4万バーツ(約13万円)を一人一人から取り上げるらしく、モン族の女性に対しての支払いは一人月に6万バーツ(約20万円)になります。
それでも6万バーツはかなりの大金なので文句を言わず働いていたものの、ノンチヤウだけではなくほかのモン族の人たちに対しても支払いが止まってしまったそうです。
仲介業者が持ち逃げしたのでしょうか。。。

「だから言ったのに!!」

と、言っちゃいけない、言ってもどうにもならないとわかっていても
私は言ってしまいました。もう泣きそうです。(私が)

こんなことになるから、違法で働くということは危険なことなの。と。

ノンチヤウは、
「その時はわからないのよ。だって、本当にちゃんと働いてお金ももらって帰ってくる人だっているんだもの。行ってみないとわからない。こんな経験をしてやっとわかった。」

と。
そう、あのときノンチヤウも含め家族のみんな「お金がたくさん短期で稼げる」ということ、「モン族だから信頼できる」とだけ言っていました。そして違法でほかの国に入って働くということがどんなことなのか全く想像できなかったのです。

想像できないんです。

言葉で言っても。


そして今後ノンチヤウにどうやって働いていくのか、今現在お金はあるのかと尋ねると、

韓国に行く前までにやっていた新聞配達の仕事は、自分がいない間にもう一人のお年寄りの方に引き継いだので、その人からまた仕事を取り上げるのはかわいそうなので、そのままに。
自分は、縫物の仕事を集中してやっていきたい、と。
それに、身体を壊してしまったので新聞配達のように外に出っぱなしの仕事は今現在難しいそうです。

せっかく韓国まで行って働いても、結局お金はたまらず、今は貯金もないそうです。
でも大丈夫!チェンマイに戻ってきて、今まで通り地道に働くのがいいと。
子供も二人いるし、二人には自分しかいない。二人の学費やバイクや家のローンもまだまだたくさんある。
時間はかかるけれど、地道に自分が本当に好きな仕事をやっていくのが一番いい!と。

「次にどこかに出稼ぎに行くようなことになったら、私にまず相談してね。そうしたら私がちゃんと大丈夫な仕事なのか調べるから!」私がノンチヤウにいうと、

「もう次はないよ。もう行きたくない。行くんならYOKOと一緒に行く。」
とノンチヤウ。


私は、

やっぱりほっとしました。
騙されてしまったものの、
身体を壊してしまったものの、

それでも自分で無事に帰ってきてくれた。


うれしいです。

本当にうれしい!


さて、これから洋服が再び作れる環境になりました。
ノンチヤウはとっても腕のいい縫子さんです。

私もがんばろう!
丁度いま、新しいデザインに取り掛かっているところだったので、まずはノンチヤウと一緒にサンプルをバンバン作っていきたいともいます。

まずは、この間好評だったガーゼのサルエルパンツの生地違いと外着にもなるおしゃれ割烹着です。その後、首回りがスッキリ長く見えるワンピース、男女兼用のパンツやシャツなどなど、今年はどんどんお洋服を積極的につくり、今後は小物だけではなくお洋服も皆さんの前でどんどんお披露目できるようにしていきたいとおもっております。

展示イベントの機会・会場を絶賛大募集中です。
みなさん、どうぞよろしくお願いいたします!
























2018-06-15

Sewing Stars in HIMEJI 2018 Part 2



本日のブログでは、展示会期間中 私が楽しんだ姫路の顔をご紹介したいと思います。

まずまず、展示搬入の日の朝。東京から夜行バスでやってきた私を元気に迎え入れくくれた 姫路サポーターのたけちゃんに 念願のカレー処 「Spiceスエヒロ」さんに連れて行ってもらいエネルギー補給♪  

今回お世話になったQuiet Holidayさんからスグのオシャレなカレー屋さんです。

以前から写真で見てきてずっと食べたいなーと思っていたカレーは、実際食べてみるとボリュームたーっぷり!そして一皿のなかでいろんな味が楽しめるとっても美味しいカレーでした。 

私とたけちゃんはそのあとずんずんもくもくと搬入を夜まで一気にやってしまうことができたパワフルカレー!

オーナーさんはには展示会にもお越しいただいて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。姫路のお城の周りの住所が一つしかないお話は特に興味深かったー!
実は、展示会で衣類の販売のためのシンプルで私好みの全身鏡をお借りすることができたのはこちらのオーナーさんのおかげ☆お世話になりました。

ぜひまた姫路で食べたいカレーです!



そしてカレーのこともう一つ! 日曜日の朝のマーケットにいってみると、こちらもずっと気になっていた「ショーンカリー」さんが出店されていたので、朝のスープカレーをいただきました!
今回、ショーンカリーさんには私たちのグリーンドリンクス用のカレーのご飯を炊く10合炊きの格好いい炊飯器をかしていただきとってもお世話になりました。カレーに合う美味しいご飯の炊き方もアドヴァイスしていただき、本当においしい真っ青なご飯がたけました。

こちらショーンカリーさんでいただいたのは、朝にも重すぎずさっぱりと、でもスパイスのコクがあるとっても美味しいカレー♪うれしいお野菜ゴロゴロカレーです。

6日間という超短期間の滞在だったにもかかわらず、念願のカレー2種類も食べることができて幸せでした。 


朝のマーケットではそのほかにも美味しいパン屋さん「erimo bakery」さんや移動石窯でやくピザ屋さん(意外な組み合わせ カブと山椒のピザがびっくりおいしかった!)、味わい深いコーヒー屋さんやお肌に優しいアイテムをたくさん扱っている「あさのは商店」さんなど、ほかにもたくさん美味しく楽しいお店がずらっと並んだとっても楽しい朝のイベントでした。


そのほかにも姫路のあちこちには とっても美味しいパン屋さんがたくさんあります。
どこもみんな個性的でそれぞれに美味しいパン屋さん。

私は展示中のおひるごはんや夕ご飯はいつでも食べられるように、美味しいパンを毎朝買っては
こっそりとギャラリーさんでいただいていました。



全然こっそりな雰囲気ではない日も。。。。笑 

そして、

最終日の夜は、お世話になった姫路の街へのお礼も兼ねて GREEN BIRD HIMEJI と駅周辺のお掃除に参加しました。

初めてお会いする人とも楽しくお話ししながら、なるべくごみを見逃さないようにゴミ拾い。
ごみは道の端っこに、植え込みに。。。と ”こっそり”捨てられていることが多いみたい。皆さん、堂々と道の真ん中には捨てないものなんですね。

こうやってごみを拾っている間には、通りがかりの人に ごくろうさま! 、ありがとう! と声をたくさんかけられました。

なんだか新鮮な気持ちになれる、素敵な体験でした。

このGREEN BIRD 姫路支部を率いているのは 姫路のマスコット的キャラクターの たけちゃん。 今回の私の個展、お話し会のオーガナイザーであり、姫路ナビゲーターであり、大切な友人のたけちゃんは、こよなく姫路を愛する楽しい情熱家です。

たけちゃんのおかげで、姫路の素敵な方たちとのご縁をたくさんいただくことができました。大感謝です!


それから、とってもユニークなギャラリーQUIET HOLIDAYさんで開催できたことも本当によかったです。オーナーの長谷川さんにも大変お世話になりました。QUIET HOLIDAYさんでは常に面白いイベントや展示が行われているので要チェックです!


姫路を去ってしばらく私は、

姫路ロス
QUIET HOLIDAYロス
たけちゃんロス
長谷川さんロス

に陥っておりました。。。笑
あぁ、本当に楽しかった!!大人になっても好きなことを真剣に、そして一緒にやれるって本当に面白い!




もちろんこの6日間でほんの一部しか姫路を見ることはできませんでしたが、

それでも、

姫路の若い人たちが、
エネルギッシュに やりたいこと好きなことを実現させるために
お互いの存在を楽しみながら 頑張っている印象が強く残りました。

お子さんからご年配の方たちともいい感じでつながっているので、今後もどんどんかっこいい街になっていくような気がします。

去年から行きたいなーと思っていた姫路。こんなに早く想いが実現するとはびっくりです。
そしてまたまた行きたい場所になりました。まだまだ素敵な見どころがたくさんあるようですよ♪


この度は、皆さんどうもありがとうございました。













2018-06-04

Sewing Stars in HIMEJI 2018 無事終了しました!   -Part1


先日、日本から再びチェンマイに戻ってまいりました!
いやぁー、もう楽しかったー!

初めて行った姫路、 初めての関西での展示会とお話し会(Green Drinks)

いろいろ初めてなことだらけだったけれど、

姫路のたくさんの素敵な方たちのおかげさまで Sewing Starsは大盛況となりました。






今回お世話になったQuiet Holidayさん。光がたくさん入り、立派な天井裏が見えてとてもいい雰囲気のギャラリーさんには、毎日とってもユニークなお客様が足を運んでくださいました。

いつものハンカチーフに新たなサイズ展開も加わり、普段はあまり店頭にはでない、私たちのガーゼの衣シリーズも大好評となりとっても嬉しい機会となりました。





二日間にわたって行われたグリーンドリンクスのお話し会も、大盛況!



試行錯誤をして作りました私のHIMEJI Special Green Curry
ちょっと辛めに仕上がりましたが、なかなか好評で みなさんから たくさんの”おいしかった!”の言葉をいただきました!一瞬ちょっとびっくりする真っ青なご飯に緑のカレー。トッピングはオレンジや黄色のカリカリ♪ カラフルなカレーが出来上がりました!


さて、皆さんに私たちの活動やモン族のお母さんたちのこと、想いなどはちゃんと伝えるとは出来たのでしょうか。この機会に少しでも伝わってくれたらいいな。

私は思いっきり楽しんで皆さんにお話しできたと思います。気持ちよかったー♪
金曜日の第一部と最終日の第二部で、同じ内容もあり、でも全く同じではなく、とちょっと違う路線のお話もできたりと、2回できて大満足のお話し会となりました。

いろいろと質問もいただいたり、
新しい素敵なご縁をいただいたり、


来てくださった方たちが、連日SNSでこの日の素敵な感想を書いてくださったり、


展示期間中に1度だけではなく、2度も3度もまた別の日にお話をしに来てくださったり、

アート作品に興味を持ってきてくださったり、
フェアトレードについて興味を持ってきてくださったり、
チェンマイやスウェーデンに興味を持ってきてくださったり、






 毎日、毎日、本当に老若男女いろいろな方とお会いでき、本当に楽しい充実した日々を送ることができました。姫路って、、本当にユニークで情熱的で楽しい人がたくさんの街でした♪ こんな街に来ることができてラッキーです!



モンバービーも大満足で、最後にはめでたくお嫁にいってしまいました!

大げさではなく、やりたいことが思いっきりできた、今までで一番楽しい展示会となりました。
お越しになられた皆さん、
サポートをしてくださった皆さん、
姫路サポーターのたけちゃん、
QUIET HOLIDAYさん、
本当にありがとうございました。
またいつか姫路に飛んでいきたいです!

と、今日はここまで。

次回は展示会最終日のお掃除のこと。
姫路の街のことをちょこっと。

展示会期間中の裏側のお話を書きたいともいます。



2018-04-14

Sewing Stars 展 最終日のミニお話し会予約開始

来月の姫路での個展”Sewing Stars”開催中に行われるGreen Drinks HIMEJIさん主催のお話し会 Green Drinksでの私の回 ”山で唐辛子、町で時々ケーキ -山岳民族のお母さんたちと私のフェアトレード” があっという間に予約で満席になってしまったので、急遽最終日にミニバージョンのお話し会”ミニドリンクス”も行うことになりました。

5月20日(日)最終日 午後3時から約1時間ほどのお話し会です。
昨日、こちらのミニドリンクスの予約も開始されましたので、詳細とご予約はこちらでよろしくお願いします。

姫路在住の楽しい姫路ナビゲータータケちゃんが私の日本サポーターとなってくれたので、とってもとっても心強いです。

お問い合わせは、タケちゃんまでよろしくお願いします。


モン族バービーも展示会場に現れる、、、かもです!

2018-04-10

-Sewig Stars- 開催します。


お久しぶりです!
先月の京都のイベントでは、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。好評につき、もしかしたら来年もお邪魔させていただくかもしれません♪ その際には私自身もその場にいられたらいいなーと想っております。


さて、今日はまた日本での別のイベントのお知らせになります。

来月、姫路のギャラリー”Quiet Holiday"さんで個展を開かせていただきます。姫路駅からすぐの 店主さんによって選び抜かれたMusic and Book Café の2階にある小さなギャラリースペースに、チェンマイでの5年間で行ってきたアートプロジェクト Mhong Treeの商品やモン族のお母さんの刺繍作品、私がインスピレーションをもらってYoko-Sonyaとして作り上げたアート作品を展示販売いたします。

期間中、18日(金)には、姫路のGreen Drinks主催の 私のお話し会”山で唐辛子、町で時々ケーキ ~ 山岳民族のお母さんと私のフェアトレード~ ”も同ギャラリーでさせていただくことになりました。

スウェーデンはフェアトレードやエコ商品が社会に浸透していた場所。私もできる限りそういう商品を手に取るようになっていました。
それからタイの北の街チェンマイにきて、実際のフェアトレードとはなんだろうと改めてかんがえることになりました。

十代で山を下りてチェンマイ市外の町に住み始めた現在30代のモン族のお母さんたち。自身の山の村ではまだまだ女性に対してとても閉鎖的な社会から、タイの文化がある郊外の町に引っ越し、結婚し、子供を育てながらタイの社会に溶け込んで生活しているお母さんたちと関わり、そこで見てきたこと、学んだことをお話しします。
モン族のお母さんたち。
私たちがタイに滞在してかかわる多くのタイ人とはまた違う価値観で生活をしています。





こちらのお話し会、3月25日にGreen Drinksさんでお知らせと席の予約を開始しましたところ、とても反響があり2、3日で満席となってしまい、現在は予約を受け付けておりません。
興味を持ってくださったみなさま ありがとうございます。

予想外にとても早く満席になってしまったので、Green Drinksさん共々驚いてしまい、まだまだご興味を持ってくださっているかたに申し訳ない....とも思い、この度、5月20日(日)最終日にもう一度”ミニ”Green Drinksをやらせていただくことになりました。

こちらは、18日に行われるGreen Drinksより小さい規模で、時間を半分にした”ミニ”バージョンとなります。

こちらの詳細は追々 Sewing Stars イベントページ、またはGreen Drinksでお知らせいたします。

そのほか、展示期間中は私が毎日会場にいますので、お時間の都合がつくときに どうぞふらっとお立ち寄りくださいませ♪


"Sewing Stars"
場所:Quiet Holiday
5月17日(木)~20日 11時~21時(最終日は18時まで)

詳細、お問い合わせはこちら

2018-03-05

町家deマルシェ in 京都に参加します!




お久しぶりです!あっという間に3月に入ってしまいました。ついうっかり2月は何も更新できず.....。

ただ、そんな2月の間に楽しいお知らせができる準備が着々と進んでいました♪今日はそのお知らせです!

きたる3月10日(土曜日)京都の伝統的な建築”京町家”を素敵にリノベーションした清水五条の町家で、一日限りのマルシェが行われます。そこに、私たちMhong
Treeも参加させていただくことになりました!



京町屋を実際に体験していただきながら、こだわりのカレーやコーヒー、小物やアートなどを楽しめる1日となっています。



当日は、私のお友達”あっこちゃん”がMhong Treeのブースに立ってくれます。

もともとは、私がスウェーデンのクリスマスマーケットで自作の商品を販売していた所にたまたま通りかかってくれたのが出会いの私たち。同じ時期に、スウェーデンでの街は違うけれど、それぞれの大学院で一生懸命に勉強し、就職もして働いてきた同士です。今回は京都のイベントで私たちMhong Treeの販売をお手伝いしてくれます♪スウェーデンのことはもちろん、Mhong
Treeのこと、タイのこと、会場であっこちゃんに気軽に話しかけてみてください!

    




今回のイベントでのMhong Treeのオススメ商品は、新作の”ポケットティッシュケース”。

日本、スウェーデン、タイなど各国のポケットティッシュが入るサイズで、もう1つのポケットには絆創膏、痛み止め、リップクリーム、油取り紙、ナプキンなど、毎日使う訳ではないけれど、いつもカバンの中に”念のため”準備しておきたいものを入れておけます。


街で配られるポケットティッシュもこのケースにいれてちょっとおしゃれに。直接カバンにいれるより、中身が飛び出したりせずに衛生的で機能的。そんなに細かいものは入れないけれど、例えば爪楊枝や名刺などもいれられ、花粉症でティッシュを欠かせない男性にも気軽に持っていただけるような柄の生地を選んでいますので男女共にオススメです。

ポケットティッシュケースって子供のころには使っていたけれど、大人が使える素敵な柄のものってなかなかないなーと思いついたものなんです。



そして、Mhong Treeでロングセラーの無漂白のコットンガーゼとインドの柔らかく薄い楽しい柄の綿生地を2重に縫い合わせてできたハンカチも一押しです。



上の写真の手前が、使用前の状態。奥の三枚が左から、4、5年使ったもの、2、3年使ったものです。やさしく洗って、なんども使っていただくほど、ふかふかになって肌触りがどんどん良くなっていくのが人気の秘密。



アトピーや花粉症でお肌が敏感になってしまった方、赤ちゃんやご年配の方にもやさしい手触りがオススメの一品です。



通気性のよい生地を更に2重にしてあるので、さっと洗ってすぐ乾きますし、クーラーなどが効いていて、肌寒かったり乾燥している場所では首周りにさっと巻いてお肌を保護するのにも丁度良いです。













他にも、Mhong Treeのブースでは、お子様も楽しくお買い求めいただける小さなおもちゃ雑貨からカバン類などもちょこっとご用意しております。




開催概要

   日 時

   2018年3月10日(土)11:00~16:00
   入 場

   無料
   会 場

   Villa Toyoura(京都市東山区鞘町通五条下る三丁目豊浦町346)※八清リノベーション物件


詳しくはこちら→http://www.hachise.jp/event/marche2018/index.htmlhttp://www.hachise.jp/event/marche2018/index.html



どうぞこの日をお見逃しなく♪